SoftBank Airは通信速度が遅いクレームが多い?原因は使い方?
[PR]当サイトはプロモーションを含みます。

スマホくんスマホくん

SoftBank Airの通信速度が遅すぎる。クレーム言って解約してやる。


WiマックスくんWiマックスくん

SoftBank Airの通信速度が遅いのはいくつかの原因が考えられるよ。
原因によっては改善できるかもしれないから、まず試してみて。


スマホくんスマホくん

なに!

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は通信速度が遅いと言われることがあります。
実際にSNSなどの口コミで遅いという評判は見られます。

SoftBank Airはコンセントにさすだけですぐに使える簡単さが魅力のネット回線ですが、通信速度が遅くて使い物にならなければ意味がありません。
通信速度が遅いネット回線はストレスも溜まりますし、満足できる利用ができなければお金の無駄です。

SoftBank Airは遅いのか、結論をまずまとめますと、「SoftBank Airは使う場所や環境によって通信速度の差が大きく、速い人もいれば遅い人もいる。遅い場合も使い方が原因で改善できる可能性がある」です。

どういうことか詳しく解説します。
また、通信速度が遅い原因と、原因ごとの対処法についても解説していきます。

SoftBank Airの通信速度は遅いのか

まずはSoftBank Airの通信速度について詳しくみていきます。

最大通信速度はかなり速い

SoftBank Airの機種ごとの最大通信速度は以下のとおりです。

モデル下り通信速度上り通信速度
Airターミナル55G:2.1Gbps
4G:838Mbps
非公開
Airターミナル4 NEXT612Mbps非公開
Airターミナル4481Mbps非公開
SoftBank公式サイト

最大通信速度で見ると非常に速い速度ですが、これはあくまでも理論値で、実際の通信速度とはほぼ関係がありません。
これはSoftBank Airに限らずネット回線全般に言えることですので、最大通信速度はあまり参考にしないようにしましょう。

実際の通信速度については口コミにおける通信速度が一番参考になります。

口コミに通信速度を見ると遅いと言われる理由がわかった

では口コミにおける通信速度を見ていきましょう。

下の表は通信速度の測定サイトに投稿されている通信速度の平均値です。

平均下り通信速度109.6Mbps
平均上り通信速度9.2Mbps
平均Ping値43.6ms
測定件数:10732件
参考:みんなのネット回線速度

ちなみに通信速度の目安は以下のとおりです。

通信速度の目安

動画視聴
HD画質(720p):3Mbps以上
フルHD画質(1080p):5Mbps以上
UHD画質(4K):15Mbps以上

ZOOM(Web会議):10~15Mbps
オンラインゲーム:10~100Mbps
Web、SNS閲覧:1~10Mbps

この値を見る限りSoftBank Airの通信速度は非常に速いと言えます。
ではなぜ、通信速度が遅いという評判があるのか。

通信速度のばらつきが大きい

次は投稿されている通信速度の下限値と上限値を見ていきます。

一番遅い通信速度下り:15Mbps
一番速い通信速度下り:630Mbps
参考:みんなのネット回線速度

確認できた限りの数値ではありますが、通信速度のばらつきはかなり大きいですね。
下り通信速度15Mbpsはすごく遅いわけではありませんが、他の回線と比べると遅いと言われてもしかたない速度と言えるでしょう。

SoftBank Airが遅い原因と対処法

SoftBank Airの通信速度が遅い原因はいくつか考えられます。
原因によっては対処して改善できる場合があるので、まずは通信速度が遅い原因を探りましょう。

設置場所が悪く、電波が悪い

通信速度が遅い原因で1番多いのが、電波の入りづらい場所に本体を設置していることです。

SoftBank Airなどのホームルーターは電波受信強度が通信速度に直結します。
少しでも電波強度の強い場所に設置することが重要になります。

設置場所は窓際などがベスト

SoftBank Airの電波はスマホのものよりも周波数が高く、高い周波数の電波は建造物などの影響を受けやすく建物内で繋がりづらい傾向があります。
なので、窓際などが電波が入りやすく設定場所として推奨されます。
電化製品なども電波干渉しやすので、近くに行いほうがよいでしょう。

また。SoftBank Airは本体のLEDランプでアンテナレベルを確認できますが、セットアップメニューから詳細なアンテナレベルを確認できるので、できれば詳細に確認することをおすすめします。

設置場所に向いている場所

・窓際
・電化製品が近くにない
・障害物となる建物が少ない方角

WiマックスくんWiマックスくん

本体のLEDランプのアンテナレベルではMAXでもセットアップメニューの詳細なアンテナレベルではMAXではないことがあるよ。

Wi-Fiが問題

ソフトバンク回線の電波は十分に受信できていても、スマホなどのデバイスとのWi-Fi接続の受信強度が弱いことが通信速度が遅い原因の場合があります。
電化製品などはWi-Fiに電波干渉しやすいですし、離れた部屋で壁などの障害物が多いとWi-Fiも弱くなります。

SoftBank Airの周辺に電化製品を置かない、建物が広い場合には中継機などの設置が必要になる場合があります。

周波数帯(2.4GHz/5GHz)を変えてみる

Wi-Fiには2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯があります。

2.4GHzは建物の影響を受けづらく離れた部屋まで届きやすいですが、電子機器の影響を受けやすく通信が不安定になりやすい特徴があります。5GHzは電子機器の影響を受けづらく通信が速くて安定していますが、離れた部屋では繋がりづらいのが特徴です。

使い場所によってWi-Fiの周波数帯を切り替えるのがベストです。

周波数帯幅(20MHz/40MHz/80MHz)を変えてみる

SoftBank Airは周波数帯幅を設定を変更することができます。
SoftBank Airのデフォルトでは自動になっており、接続が不安定な場合は20MHz固定にすることで出力が上がり繋がりやすさが向上する場合があります。

周波数帯幅は広い方が通信速度は向上しますが、SoftBank Airでは20MHzに固定にすることで出力があがって電波到達距離が伸び、繋がりやすさは向上すると言われています。

WiマックスくんWiマックスくん

Wi-Fiの設定を変えるだけでも通信速度は結構違うよ。

回線の混雑などで速度制限が起きている

SoftBank公式サイトによりますと、SoftBank Airにはこのような文言があります。

  • サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
SoftBank公式サイト

つまり使いすぎたり、回線が混み合うと速度制限をかけることがあるということです。
実際にどのくらい使ったら速度制限があるかは定義されていませんが、通信が混雑しやすい夕方から夜間にかけては速度が遅くなるという口コミがあります。
また、SoftBank Air利用者が密集していエリア内などは回線が混み合い速度が遅くなりやすいと言われています。

速度制限が起きているかどうかは確認できない

速度制限が起きているかどうかを確認することはできません。
SoftBank公式に問い合わせても回答は得られませんし、解除を申請することもできません。
なので、速度制限が考えられる時でも対処方法は残念ながらありません。

スマホくんスマホくん

夕方から夜間は速度が遅くなりやすい。

SoftBank Air本体の不具合

理由が考えられず通信速度が急に遅くなったり、通信速度が全くできなくなった場合は本体の不具合が考えられます。
エラーが表示されていなくて、不具合が起きている可能性はあります。

本体の再起動をする

本体の電源アダプタを一回抜いてシャットダウンしたあと、電源アダプタを繋いで再起動を試してみてください。
通信が改善される場合があります。

WiマックスくんWiマックスくん

正常に機能していたはずなのに、突然通信速度が極端に遅くなった場合は本体の不具合の可能性が高い。

どうしてもダメな時は

考えられる原因と対処方法を全て試し、故障でもない場合には解約をしてしまうか、使い続ける場合には電波改善の要望を出すという手段があります。
解約する場合でも、8日間キャンセルや乗り換えキャンペーンを使うことで解約金の心配なく解約することができます。

電波改善の要望を出す

電波が悪くて通信速度が遅い場合は、SoftBankに電波改善の要望を出すことができます。
うまく通れば、基地局などの調整で電波環境が改善されるかもしれません。

ただ、全然対応してくない、という口コミが多いので、あまり当てにはしないほうが良いかもしれません。
少なくともすぐに対応してくる期待はできないと思います。

8日間キャンセルなら端末の返品ができる

SoftBank Airは本体が届いて使えるようになってか8日間以内なら、契約のキャンセルと本体端末の返品・返金ができます。
契約期間の定めなはないので解約違約金はかかりませんが、端末代金が高い(Airターミナル5は71,280円)と非常に高額です。
月月割によって36ヶ月間利用すると端末代金実質0円ですが、途中で解約すると端末代金の残債の支払いが発生します。

使ってみてダメだと判断したら、8日間キャンセルの期限内に解約してしまうのも悪くない選択肢だと思います。

別の回線の乗り換えキャンペーンを活用する

8日間キャンセルの期限を過ぎしてしまった場合、36ヶ月未満で解約すると端末代金の支払いが発生してしまいます。
その場合は他社のネット回線の乗り換えキャンペーンを活用して、SoftBank Airを解約してネット回線を乗り換えるという方法がおすすめです。

乗り換えキャンペーンは解約にかかった費用を乗り換え先が負担してけるキャンペーンです。

WiMAXのGMOとくとくBBやNURO光、auひかりなどが乗り換えキャンペーンを行っています。
違約金だけでなく、端末代金の残債も負担対象となっているのでおすすめです。

乗り換えキャンペーンのあるネット回線はこちらの記事をご覧ください。

SoftBank Airは速度が遅い可能性があるが改善もできる

SoftBank Airは使用環境によって通信速度が遅いことがあり、実際に一部のユーザーから速度が遅いと言われます。
ただ、口コミの平均通信速度はけっして遅くないのでけっして悪いサービスとも言えなません。
また使い方によって速度遅い原因の場合もあるので、今回紹介した原因や対処方法を試したり、それでもダメなら8日間キャンセルという救済措置を活用してください。