WiMAXでテレワークをする!通信速度は足りる?メリット・デメリットは?
[PR]当サイトはプロモーションを含みます。

スマホくんスマホくん

来月からひとり暮らしかー。
そうだ!家のWi-Fiどうしよう!テレワークには絶対必要だよな!


WiマックスくんWiマックスくん

光回線は開通までに時間がかかるからWiMAXはどうだい?


スマホくんスマホくん

WiMAXでもテレワークできるかな?
Web会議とかできる?

※本サイトはアフィリエイト広告により運営されています。

WiMAXでテレワークはできる!

まず結論から言いますと、WiMAXでテレワークは十分可能です!
性能的にも十分ですし、料金や利便性的にもWiMAXはテレワークにおすすめです。

「テレワークに必要な通信速度」と「WiMAXの通信速度」

まず最低限条件を満たさなければならないのでは通信速度です。
テレワークに必要となる通信速度が出なければ使えるサービスとは言えません。

通信速度の目安は以下の表のとおりです。

快適な通信速度の目安
下り通信速度
メール、LINE128Kbps~1Mbps
Web、SNS閲覧1~10Mbps
動画視聴3~20Mbps
ZOOM(Web会議)10~15Mbps
オンラインゲーム10~100Mbps

テレワークに必要な通信速度は、Web会議もできる15Mbpsが目安です。
余裕を持って20Mbpsがあれば安心できます。

次にWiMAXの通信速度です。
性能的な最大通信速度と、通信速度測定サイトでの口コミによる実行平均通信速度をまとめました。

WiMAXの通信速度
最大通信速度下り:4.2Gbps
上り:286Mbps
口コミによる平均通信速度下り:96Mbps
上り:16Mbps
Ping値:51.93ms
参考:みんなのネット回線速度

テレワークに必要な通信速度を余裕を持ってクリアしているのがわかります。

WiマックスくんWiマックスくん

通信速度で見ると、テレワークも楽勝でできそう!

WiMAXはデータ量使い放題

WiMAXは使い放題のサービスなのでデータ量について気にするよう必要はありません。
以前は3日間のデータ量制限がありましたが、それも撤廃され無制限の使い放題になりました。

極端に使いすぎた場合速度制限をする場合があるともされていますが、口コミでもほとんど速度制限を受けた投稿はないのであまり心配する必要はないでしょう。

スマホくんスマホくん

WiMAXは使い放題だからデータ量の心配はいらないな!

WiMAXでテレワークをするメリット

WiMAXをテレワークで使うのには5つのメリットがあります。
それぞれ詳しく解説します。

回線工事がいらない

光回線の回線工事は、申込みから開通まで1~3ヶ月ほど長い時間がかかること、引っ越ししたら無駄になってしまうこと、工事費用が高い、というデメリットがあります。

WiMAXはスマホと同じようにモバイル回線で通信をするので回線工事は必要ありません。
契約を行い端末を手に入れたら即日使うことができ、引っ越しがあっても通信エリア内であればそのまま使うことができます。

WiマックスくんWiマックスくん

光回線と比較すると
・申込みから開通までが早い
・引っ越しのリスクが低い
・初期費用が安い
というメリットがあるよ。

モバイルルーターなら外出先でも使える

モバイルルーターなら自宅だけでなく、外出先でも使い放題のWi-Fiを使うことができます。
カフェや出張先、車の中など電波の届く場所ならどこでも使えます。
営業の多いモバイルワークにも最適です。

スマホくんスマホくん

モバイルルーターは外回りの多い人にもおすすめだな!

スマホのテザリングより速い、安い

スマホのテザリングを使えばパソコンなどもWi-Fiに接続することができます。
WiMAXはスマホのテザリングを使うよりもメリットがいくつかあります。

WiMAXを使った方がトータルの通信費が安上がり

スマホのみで使い放題した場合
=月額7,300円(スマホ使い放題プラン)

モバイルルーターで使い放題した場合
月額4,500円(WiMAX使い放題)+月額1,000円(スマホ1GBプラン)
=合計月額5,500円

使い放題ならモバイルルーターを併用した方が毎月1,800円お得に!

WiマックスくんWiマックスくん

スマホのテザリングよりモバイルルーターの方が通信速度は速いし、バッテリーの持ちも良いよ。

使い放題のコスパが高い

WiMAXは安い料金で使い放題プランが使えることで人気です。

モバイルルーターはWiMAX以外にも各社提供しています。
Y!mobile(SoftBank)のポケットWi-Fiや、ドコモのデータ通信製品、クラウドWi-Fiなど。

各社のサービスともそれぞれ強みがありますが、使い放題プランのコスパの高さならWiMAXが一番です。

WiMAXY!mobile
(SoftBank)
ドコモ楽天
月額料金の目安4,500円4,800円7300円3,200円
下り通信速度4.2Gbps2.4Gbps4.9Gbps150Mbps
通信エリア
データ量使い放題使い放題
(5Gは月7GBまで)
使い放題使い放題
WiマックスくんWiマックスくん

使い放題のモバイルルーターとしては性能と料金のコスパが一番高い。

登録住所以外での利用ができる

同じくモバイル回線のホームルーター「SoftBank Air」や「ドコモ Home 5G」「楽天ターボ」は登録住所だけでしか使えません。
登録住所以外で利用すると契約解除などの罰則が定められています。

WiMAXはホームルーターとして唯一登録住所以外での利用が認められています。
出張先のホテルや職場または車などでも利用することもできます。

スマホくんスマホくん

登録住所以外でも使えるホームルーターはWiMAXだけか。

WiMAXでテレワークをするデメリット

WiMAXのデメリットについても知っておきましょう。
3つのデメリットがあります。

光回線より通信速度は劣る

通信速度と通信の安定性では光回線には劣ります。
5G対応になり、最大通信速度だけど見るとWiMAXの方が優れているように見えて勘違いする人もいますが、通信速度は絶対に光回線の方が上です。

口コミによる平均通信速度を見ると、実際の通信速度は光回線の方がかなり優れるのがわかります。

光回線WiMAX
口コミの
平均速度
下り速度:355Mbps
上り速度:276Mbps
Ping値:20.02MS
下り速度:96Mbps
上り速度:16Mbps
Ping値:51.93ms
参考:みんなのネット回線速度
WiマックスくんWiマックスくん

通信速度の速さは光回線の方が速い。

端末代金が高い

WiMAXは回線工事がないので工事費用はかかりませんが端末代金がかかります。
最新端末の価格は27,720円
光回線の工事費用は約50,000円前後するのでそれと比べると安いですが、決して安いとは言えない価格です。

WiMAXは月額料金が安いので長く使うなら元はとれますが、短い期間で解約すると損をすることになるかもしれません。

ただ、引っ越し先に持っていける、初期契約解除が可能、というメリットはあります。
もしくはBIGLOBE WiMAXなどでSIMのみの契約をして中古端末を使うことができます。

初期契約解除ができるのが魅力

初期契約解除とは利用開始から8日以内なら契約の解除ができる法律で定められた制度です。
光回線も初期契約解除は可能ですが、工事費用の返金はできません。
WiMAXは端末の返品もできるので使ってみてダメな場合のリスクは低いメリットがあります。

WiマックスくんWiマックスくん

利用期間が短いけっこう割高になってしまうかも。

通信速度が使ってみないとわからない

WiMAXの回線は周辺の建物の影響を受けやすいという特徴があるので、使用する場所によって通信速度が大きく変わります。
特にWiMAXは建物の中や地下などは繋がりづらいと言われています。
基地局との位置関係や周辺の建物によって通信速度が大きく変わるので、実際にその場所で使ってみないと通信速度がわからないがデメリットです。

いざ使ってみたら全然通信速度が出なかったという可能性もあります。
通信速度の悪い評判はだいたいこのパターンです。

もしどうしても通信速度に満足できない場合は初期契約解除をしましょう。

通信速度を上げる裏技

WiMAXは電波の受信強度が通信速度に大きく影響します。
また、WiMAX回線の電波は建物の影響を受けやすい特徴があります。
窓際などに設置すると電波が入りやすく通信速度が向上します。
有線接続、クレードルの利用、2.4GHz/5GHzWi-Fiの使い分けなども有効です。

WiマックスくんWiマックスくん

通信エリア内であっても周辺の建物の関係でうまく電波が入らない事もあるよ。

関連記事

「WiMAX」Wi-Fi2.4Ghzと5Ghzどっちがいいの?周波数帯の違いとは?
クレーム級?WiMAXの遅さには5つの原因が?速くする方法と解約方法
田舎でWiMAX+5Gは繋がらない?圏外?5Gエリア外の通信速度は?

テレワークにおすすめのWiMAXルーター

WiMAXの機種には大きく分けて2種類があります。
ホームルータータイプとモバイルルータータイプです。

ホームルーターはコンセントに繋げて使用する据え置き型のタイプです。
コンセントが必ず必要になりますが、アンテナ性能と通信性能が高いのが特徴です。
自宅だけでしか使わず通信速度を重視する人におすすめです。

モバイルルーターはバッテリー付属で持ち運びができるタイプです。
ホームルーターより通信性能は若干劣りますが外出先でも使うことができます。
ひとり暮らしの方で外出先でも使う人におすすめです。

ホームルーターの特徴

・通信速度と安定性が高い
・コンセントが必要
・LANケーブルでの接続ができる
・Wi-Fiの同時接続台数が多い
・2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi同時接続可能

モバイルルーターの特徴

・バッテリー付属で持ち運びできる
・USB接続ができる
・LANケーブル接続は専用クレードルが必要
・2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi同時接続可能は機種によってできない

ホームルーターのおすすめ機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」

商品画像
メーカーZTE
発売日2023年6月
最大通信速度下り4.2Gbps
上り286Mbps
Wi-Fi規格Wi-Fi6対応
最大速度2402Mbps
LANポート2ポート
(2.5Gbps対応ポート×1)
Wi-Fi同時接続台数32台
サイズW100×H207×D100mm
重さ635g
端末代金27,720円

モバイルルーターおすすめ機種「Speed Wi-Fi 5G X12」

メーカーNECプラットフォームズ
発売日2023年6月
最大通信速度下り3.9Gbps
上り183Mbps
Wi-Fi規格Wi-Fi6対応
最大速度1201Mbsp
接続可能台数Wi-Fi16台
USB1台
バッテリー容量4,000mAh
連続通信時間9時間
ディスプレイサイズ2.4インチ
サイズW138×H68×D14.8mm
重さ174g
クレードル別売り
端末代金27,720円

WiMAXおすすめプロバイダ

高額キャッシュバックでWiMAX最安!「GMOとくとくBB」

おトクなインターネットは【GMOとくとくBB】

関連記事
[WiMAX+5G]GMOとくとくBB総まとめ!料金・キャンペーン。最大40,000円キャッシュバック
【WiMAX】GMOとくとくBBの評判は?キャッシュバックがもらえない?

キャッシュバックが早い!SIMのみ契約可「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX +5G

関連記事
SIMのみ可!「BIGLOBE WiMAX+5G」総まとめ、料金、評判、メリット
BIGLOBE WiMAX+5Gクーポンコードでキャッシュバックの受け取り方

WiMAXおすすめプロバイダ比較

まとめ

WiMAXでもテレワークはできます。
むしろ料金が安く回線工事のリスクがないのでひとり暮らしの人を中心にとてもおすすめです。
ただ、通信速度が実際に使ってみないとわからない部分があるので注意が必要です。

ダメな場合でも8日以内なら初期契約解除ができます。
または、15日間完全無料でお試しできるTryWiMAXを活用しましょう。