WiMAXは中継機(アクセスポイントモード)として使える?ホームルーター、モバイルルーター
[PR]当サイトはプロモーションを含みます。

WiMAXはルーターの中継機として使えるのか。
中継機として使えれば、契約後のWiMAX機器の使い道として便利です。
自宅内でWi-Fi電波が届きづらいと場所がある場合など中継機があると助かります。

スマホくんスマホくん

くっそー。家の光回線のWi-Fiがオレの部屋だけ届きづらいぜ。もう一個ルーター買って中継機にしようかな。はっ!そうだ!前使ってたWiMAXのモバイルルーター使えないかな!

※本サイトはアフィリエイト広告で運営されています。

WiMAXのルーターはアクセスポイント(中継機)として使える

まず結論から言いますと、WiMAXのルーターは中継機として使うことができます!
ただし使えるのはアクセスポイントモード(ブリッジモード)のみ。
ルーター親機、中継機モードとしては使うことはできません

WiマックスくんWiマックスくん

WiMAXルーターは中継機として使えるよ。
あくまでもルーターの中継機として。親機としては使えないから光回線を使うなら別に本物のルーターが必須。

ルーター親機としては使えない

WiMAXルーターをONU(光回線終端装置)やモデムと直接接続して、ルーターとして使うことはできません
できるのはあくまで中継機としての機能。
光回線を使う場合、別途親機となるルーターを使うか、ルーター機能を持ったONUが必要になります。

ONUルーターWiMAXスマホ、パソコン
このような接続の流れとなります。

アクセスポイントモード、ブリッジモード、中継機モードとは?

そもそもアクセスポイントモードとは何か。
似てるけど違う機能の中継機モードなどもあります。
また、WiMAXではブリッジモードもまた違う機能として使われています。

WiマックスくんWiマックスくん

WiMAXルーターはアクセスポイントモードが使える!


スマホくんスマホくん

アクセスポイントモードって何?中継機モード???

アクセスポイントモード(ブリッジモード)

アクセスポイントモードとブリッジモードは、一般に名前が違うだけで同じものとして扱われています。
ただ詳しくは後述してますが、WiMAXではアクセスポイントモードとブリッジモードは全く違う機能として使われているのでそこだけお気をつけください。

アクセスポイントモード(ブリッジモード)は、インターネット回線と接続しているルーターと有線接続して中継機として使う機能です。

アクセスポイントモードのイメージ
画像引用:BUFFALO公式サイト
どういう時に使う?

使っているルーターにWi-Fi機能がない場合や、ルーター機能を待ったONU(光回線終端装置)を使っている場合に使うと、Wi-Fi機能の追加や性能強化をすることができます。
この場合、アクセスポイントモードではなくルーターとして使うと、2重ルーターとなり通信速度低下の原因になります。

また、建物内で1台目のルーターのWi-Fiが届きづらい場所に設置してWi-Fiエリアをカバーする使い方もできます。

中継機モード

中継機モードはWB(ワイヤレスブリッジ)モードとも呼ばれる機能です。
文字通りワイヤレス(無線)でルーターと接続して中継機として使います
アクセスポイントモードはルーターと有線で接続するのに対し、中継機モードは無線で接続します。

中継機モードのイメージ
画像引用:BUFFALO公式サイト
どういう時に使う?

使用する建物内でWi-Fiの届きづらい場所がある場合、届きづらい場所に設置してWi-Fiエリアのカバーと電波の強化をします。

WiMAXのブリッジモードはまた別

一般にはアクセスポイントモードとブリッジモードは呼び名が違うだけで同じものとして扱われています。
ですが、WiMAXではアクセスポイントモードとブリッジモードは完全に別の機能として使われています。

アクセスポイントモードは上記で説明したように、上位となるルーターと接続してアクセスポイント(中継機 )として使う機能です。

WiMAXのブリッジモードは、ルーターとしての機能はオフにして、1台の接続端末を通信回線に接続するモードです。
接続端末に直接WAN側IPアドレスが割り当てられます。
どういうことかというと、スマホなどの接続端末を、WiMAX機器を通して直接インターネット回線(WiMAX2+、au 5G、4G LTE)に接続するみたいなイメージです。

どんな時に使う

ブリッジモードを使うと接続端末は1台だけになります。
通信速度が速くなり、通信量はWiMAXに加算されます。

アクセスポイントモードの使い方

WiMAXルーターのアクセスポイントモードの使い方を解説します。

スマホくんスマホくん

アクセスポイントモードってどうやって使うんだ?


WiマックスくんWiマックスくん

まず必要なのはLANケーブル。それとモバイルルーターならクレードルが必ず必要。

モバイルルーターはクレードルが必須

WiMAXのモバイルルーターでアクセスポイントモードを使う場合には、専用クレードルが必ず必要となります。
クレードルとはLANポートの付いた充電台のことで別売りで販売されています。

機種によってはクレードルが発売されていない機種があります。
クレードルがない機種はアクセスポイントモードもありません。

Step1.WiMAX本体画面を操作してアクセスポイントモードをONにする
Step2.クレードルとルーター親機をLANケーブルで接続
Step3.クレードルを電源に接続し、WiMAX本体をセットする

本体操作の仕方は機種によって異なるのでUQ WiMAX公式サイト取扱説明書をご覧ください。

ホームルーター

ホームルーターはルーター親機とLANケーブルで接続するだけでアクセスポイントとして使うことができます。

ホームルーターはもともとLANポートが付いているのでクレードルは必要ありません。
また、動作モードとしてアクセスポイントモードが搭載されているわけではありませんが、アクセスポイントとして使うことができるのは確認されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

アクセスポイントモード機能がある機種

モバイルルーター

モバイルルーターでアクセスポイントモードを使うには、どの機種も専用クレードルが必ず必要になります。

アクセスポイントモードの有無
Speed Wi-Fi 5GX12
Speed Wi-Fi 5G X11
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT WX06
Speed Wi-Fi NEXT W05
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT WX04
Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT WX02
Speed Wi-Fi NEXT W01
Speed Wi-Fi NEXT WX01

ホームルーター

ホームルーターは動作モードとしてアクセスポイントモードがある機種ありませんが、アクセスポイント(中継機)として使うことは確認できています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://wimax-kensyou.com/2022/09/09/wimax-%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e4%b8%ad%e7%b6%99%e6%a9%9f%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%90%e3%83%96%e3%83%aa/

まとめ

まとめ

・WiMAXのルーターはアクセスポイントモードを使えば中継機として使える
・中継機モード(ルーターと無線で接続)はできない
・ルーター親機としては使えない
・モバイルルーターはクレードルとLANケーブルが必要
・ホームルーターはLANケーブルで接続するだけ
・WiMAXではブリッジモードは別機能